Hatena::Groupmanabite0

学然後知不足 教然後知困

070401

成語林

 最近の試験問題を見ると、故事・成語・諺の10題のうち新出がたいてい1問含まれます。

  こんな問題です。

 17-1 考えとソクイ(続飯)は練るほど良い

 17-2 ランジャ(蘭麝)の室に入る者はおのずから香ばし

 18-1 機嫌キヅマ(気褄)を取る

 18-2 シンイ(瞋恚)去り難し家を守る狗の如し、慈心失い易し彼の野鹿の如し

 18-3 大行はサイキン(細謹)を顧みず

 19-1 奔車の上に仲尼無く、フクシュウ(覆舟)の下に伯夷無し

 19-3 シモク(鴟目)大なれど視ること鼠に若かず

 20-1 藜羹を食らう者はタイロウ(大牢)の滋味を知らず

 20-2 普天の下、ソット(率土)の浜

 20-3 セッキ(積毀)骨を銷す

 21-1 ショウチ(勝地)本来定主無し

 見たことがないとなかなか難しい問題ばかりです。この11題のうち、最初の「続飯」以外は全て成語林に載っています。

 そこで、成語林から新出問題を予想してみました。

 最初ピックアップした語句が350問程になりました。そこからさらに絞り込んで200問にしました。

 さらにざっくり半分にしましたが、ちょっと絞りすぎの感があり、四字熟語で絞りすぎて失敗していることもあって、今回は100題ずつに分けて200問にすることにしました。

 一応1~100が可能性の高い(と直感した)問題です。一軍と二軍の入れ替えのご意見がありましたらコメント下さい。

070308

平成20年第3回(H21/2/1実施)

 今回の試験で当ブログと一致していた問題は、熟字訓の

 九面芋(やつがしら)と鶏魚(いさき)の二問でした。

 熟字訓の新出はなかなか良い確率で当たってます。上出来です。

 その他、次の問題をやっていれば、今回の新出問題のヒントになったと思います。

 黻冕(ふつべん)

 覈べる(しら)べる

 杼(ひ)

 苟且偸安(こうしょ)

 擣衣/擣つ(とうい/うつ)

 全体的には結構健闘した結果と思います。とりあえずこれだけ当たればOKです。

 が、少しは当たって欲しいと思っている四字熟語が、今回で4回連続全く的中無しでした。

 現在の四字熟語100題は予想問題としてそれなりに有望だと思いますがこれだけ当たらないと面白くないので、次回の試験までに100題追加して200題にしようと思っています。

070307

平成20年第2回

 今回の試験では、当ブログの予想問題と一致していたのは、熟字訓問題の『牛膝』の一問のみでした。前回に続き、なかなか当たらないなぁ。

 今回も初出が少ない試験でしたが、読み方が違ったものも含めて初出は以下の文字でした。

飛耳長目

率土

弾指

 この、常用漢字からの出題三問は、いまのところ本ブログでは想定外の問題です。準備中のものです。

 これに類する問題は、毎回2~3問出ていますが、勉強はなかなか難しいものです。範囲が広すぎます。

 今辞書を虱潰しに調べて、こういった問題を作成すべく準備中です。

杞憂

深厲浅掲

譏る

曩日

 これら4問は、各問題集のどこかにあったのを私が良く覚えていたので、ブログで100問に絞る際に落としたものです。

杜鵑

泯滅

佞猾

猜む

搴旗

型録

繞る

 この8問は、今までの問題からの類推や、音符から言ってこうしか読めないだろうとかで、当然出来てしかるべきということで問題にしなかったものです。

 そういいながら、問題の冒頭でいきなり『ほととぎす』と書いて、見直しした時も全く気がつかなかったのは私です。(^^;;;

牛膝

搏闘

嚮に

 この3題がまぁ当たったというか、本ブログの問題をやっていれば解けただろう問題です。

陳ねる

搴る

孩提

 この3問は、今思えば出来れば問題に入れておきたかったと思った問題です。特に、搴旗/搴るは、100題にする前のもう少し多い候補には入っていましたから、落として残念な問題です。

 この搴旗/搴るのように、漢検辞書の意味欄のみに音読み熟語が載っており、意味が二つ以上あってそれぞれの訓があるようなものは、いかにも出題されそうなところです。

 孩提は、訓読み問題に孩(あかご)を取り上げました。字としては注目株だったのですが、孩提は見落としてしまいました。なかなかの難問だったと思いますので当てたかった。

 権輿の類義語で濫觴という問題がありました。

 試験直前にアップした閑話中の仮問題に、類義語 開闢=権輿がありました。このために濫觴がすぐに探せました。

 ま、今回もあまり当たりませんでしたが、内容的にはまぁまぁでしょうか。狙ったところでは約5割の的中度といったところ。これを7割以上に持って行きたいと思っています。

 いつも思いますが、漢検一級で5点余計に取ることが如何に難しいことか。まだまだやめられませんね。

070306

近況など

 何人かの方には、常時訪問いただいているにもかかわらず、なかなか更新できませんで申し訳ありません。

言い訳の代わりに近況などを書いておきます。

漢字関係で、やりかけの事。


1.漢検漢字辞典の見出し語、意味欄の熟語、下付語を書き出し、1級と準1級文字の数を数え、このブログで使えそうな語句にマークをしていく。

 現在暇さえあればこれをやっています。あまり考えずにでき、一応学習した気にもなるので、継続できています。単に字を書くのが好きなので続いているとも言えます。B5版の縦書き(12行)の便箋にびっちり書くと、一枚当たり単語数にして約150語書けます。現在『縡』が終わったところ。因みに、縡とは<①女性の仕事②命>だそうです。漢字辞典のP555です。全体の1/3位ですね。便箋の枚数は155枚目。約22,000語くらい書いた計算になります。

 便箋一冊でP50くらいですから10冊やれば終わりそうです。

目標は今年度中に終わらせること。(あくまで大雑把な目標で)


2.四字熟語辞典の2級~5級の見出し語の書き出し、出そうなものをピックアップし、全体で100問にする。

H20-1の試験直前はこれをやっていました。全体の1/10位進んだところで試験があったのですが、今回は常用漢字の問題がでませんでしたので、一気にやる気が殺がれ中断中です。(^^;;

H20-2にまた常用の問題が出れば、再開するのではないかと思います。


3.ペン書きフォントの作成。常用漢字を書き終え、第一水準の途中くらいで止まっています。止まっている理由は、字体をどうするかが決定できていないからです。

 また、Unicodeにしか無い文字をUnicodeのしかるべき位置に入れるか外字扱いとするかも未定です。

字体の迷いは、①二点しんにょうを一点で書くか二点で書くか②異体字を載せるかどうか。漢字必携の異体字か、辞典の異体字か。

 考える為にフォントやコードについて調べ始めたら、ずぶずぶの底なし沼に摑まってしまって。(^^;;

毛筆フォントの直しを含め、何時になったらできるのやら。

 書き出したらそれほどかからないと思うのですが。


4.ブログの整理。①既出の問題を一ヶ所に集めて履歴を残す。②既出の問題で、入れ替えがおわっていないものを入れ替える。③語選択問題の直し。(実際の問題形式に近づける)④音問題、語選択問題をあと50問作成する⑤書き問題の作成。⑥コメントを一ヶ所に集めて整理する。⑦始めに、をもう少し丁寧に書く。⑧mixi等に書いた勉強方法や問題分析を書く。⑨問題集の分析を書く。

 どこから手をつけるかなぁ。

 仕事がこういう状態になると、進まなくなるのは私の悪い癖です。

 時期は兎も角、順番だけは今考えよう。(有言実行だ!)

 とりあえず、⑦、①、②、③、⑥、1. で、その後、1.でマークした単語を元に④、⑤を進める。最後に⑧、⑨、こんな感じかな。


5.毛筆フォントを作成しようとしたことがきっかけで、毛筆の練習を始めたら、こっちも検定があるのに気がつきました。今11月の試験に向けて、少し勉強を始めました。あまり勉強したことがない、草書とかな(特に変体仮名の読み)あたりです。草書は簡単な字しか出ませんが、なかなか頭に入らなくて。


 これだけでは何なので、1.の辞書渉猟でマークした語の一部で、問題を作ってみましょう。

ただし、これはまだ候補なので、出題可能性の低いものも含まれています。今後収録しようと思うものも一部含まれていますが。


書き 問題

1.(ビシビシ)取り締まる。緊緊

2.皆好みは(マチマチ)だった。区区

3.あまりの美しさに(ミト)れてしまう。見蕩

4.髪を(オドロ)に振り乱し、荊棘

5.(ナリフ)り構わず逃げ帰った。形振

6.指切り(ゲンマン)嘘ついたら針千本。拳万

7.(イッコン)いかがかな、と酒を勧められた。一献

8.子供の頃(コックリ)さんという遊びが流行った。狐狗狸

9.(キシメン)は、名古屋の名物です。碁子麺

10.(ミズゴリ)で体を清める。水垢離

11.言い負かされて(ウナダ)れる。項垂


語選択 問題

1.からっぽになる 空耗

2.鳥獣を捕らえる網 羂索

3.恐怖に戦く 股慄

4.昔ながらの方法 故轍

5.役所 公廨

コテツ、ケンサク、クウコウ、クガイ、コリツ

1.未曾有 曠古

2.領内残らず 闔境

3.女中教育 壼訓

4.ならず者 棍徒

5.かわや 溷厠

コント、コンシ、コウキョウ、コウコ、コンクン


類義語 問題

1.旅籠 羈寓

2.机下 硯北

3.開闢 権輿

4.黜陟 甄抜

5.凶作 歉歳

ケンヨ、ケンサイ、キグウ、ケンバツ、ケンポク

1.束縛 鉗梏

2.粗品 献斧

3.寵愛 嬖倖

4.余白 鼇頭

ゴウトウ、ケンコク、ケンキン、ヘイコウ

サト☆ななみサト☆ななみ2009/02/20 16:42お世話になっております。「きしめん」ですが、「棊子麺」が一般的ではないでしょうか。異体字ではあるんですけど。・・・と思って調べたら、当初は「碁子麺」だったのですか。なるほど、って自己解決ですみません。

SIMOSIMO2009/02/22 21:08サト☆ななみさん、コメントありがとうございます。
確かにきしめんは棊子麺が一般的ですよね。

私もそう思っていたので、あれっと思ったのでチェックしました。
もともと碁石のような麺だったというのも面白いでしょ。

070305

平成20年第1回

 今回の試験では、当ブログの予想問題と一致していたのは、音訓読み問題の『賚賜/賚う』の一問のみでした。今回の問題は、過去問題からの出題が多く、新出問題がとりわけ少なかったので、まぁ当たりが少なかったのも無理もないところです。

 音読み問題中に同読み問題が3問あり、これはほぼ読み通りというか、うまく当たった方だと思います。

 当たらなかったものの内、『裙』『閘』『蹕』『壅』は、まぐれでも解答可能と判断して100題に入れなかったものです。『纛』は、候補に挙がっていましたが、最後にはずしてしまいました。

 熟字訓と音訓読みで、新出がこれほど少なかったのは最近では稀なことです。熟字訓は、前回たくさん出たので、今回はお休みといったところ。今回の唯一の新出であった『行器(ほかい)』は、全く予想外でした。

 熟字訓は、最近の出題は全部漢検辞書の巻末索引から出題されていました。今回の行器は、本文には載っていますが、巻末索引には載っていません。また、最近の新出問題は、漢字はともかく言葉としては一般的なものがほとんどでした。行器(ほかい)というのは、現在では使われなくなったもので、どちらかというと骨董屋さんにしかないものではないでしょうか。ここら辺りまで範囲を広げるのはなかなか難しいですね。

 四字熟語の『井渫不食』は、はずして悔しい問題でした。今思うと何故候補からはずしたのかよくわからないです。

 漢検四字熟語辞典の冒頭に、「四字熟語の由来する主要成句索引」というのがあります。ここにある故事(四字熟語)は、特に勉強すべき問題と思います。『井渫えども食われず』も当然入っていました。

 ここにあって、100題に無いものをチェックしてみようと思います。

 今回、常用漢字からの出題が少なく、また難易度が高いものも多くなかったと思います。この1~2年、常用からの問題が増え、対策をどうしようかいろいろ考えていましたが、ちょっと迷います。

 3年間出ていた四字熟語の常用問題も出ませんでした。さあ次回以降どうなるか。

 私は、今回合格率がグンと上がり、また傾向が戻るのではないかと予想します。

070304

問題から問題を作ってみる

平成15年~19年の15回の問題文から問題を作ってみました。

ちょっと易しめかな。

変な問題も混じってるかも。

問題種類問題
1類義語富豪≒こうりょう
2訓読み奢侈の風は、窮乏者を(擠)して弥弥塗炭に苦しましむ
3類義語平凡≒ようぐ
4訓読み支那人の(廛)を開く多し
5類義語勅旨≒せんたく
6訓読み鰥寡孤独を(愍)れみ救う
7訓読み策を帷幄の内に(運)らす
8訓読み鶪がけたたましく(啼)いた
9語選択年功をつんだ上位の僧尼:じょうろう
10類義語酒色≒ゆうや
11対義語腆贈×びい
12語選択罪により辺境の地へ左遷されること:たくらく
13類義語施与≒きしゃ
14訓読み凍餒に(嘖)まれながら行軍する
15類義語朋党≒ひしゅう

070303

漢検協会から速達が来ました。

 『受賞のお知らせ』という封筒。

 噂に聞いていた、成績優良者表彰という奴でしょうか。どう考えても『成績優秀』とは思えないのですが。(^^;

 ウィークデーですが交通費もくれるというので、会社を一日休んで京都まで行くことにしましょうか。

 全国の漢字の達人の皆様とお会い出来ると思うと凄く楽しみです。


 式から帰ってきました。ここに続けますね。

 たくさんの漢字マニアさん達とお会いしてきました。式は盛大で大変豪華なものでした。

 受賞者がたくさんいらっしゃるので(団体賞等もあるので)二時間びったり授賞式というのは流石に疲れましたが、皆さんへのインタビューとかもあって終始和やかで良い雰囲気の式でした。

 懇親会では授賞式の常連さんにもお話ができましたし、他の受賞者さん達とも有意義な時間を過ごさせていただきました。みなさん、ありがとうございました。協会の広報のかわいらしいお嬢さんが1級取得者だったのは吃驚しました。お嬢さんは兎も角、受賞された1級のみなさんは、一言で言うと『ちょっと変わった方』でした。『愛すべき変人』といった感じでしょうか。(^^;;

 勿論、準1級以下の受賞者の皆様は、普通のいかにも優秀そうな方でしたよ!

 みなさんにまたお会いできますように。

 式後、久しぶりの京都でしたので、一泊して春の京都を満喫してきました。桜は5分咲きでしたが、天気も良く観光客でごった返していました。町のあちこちに1級配当漢字がありました。

070302

語選択の問題はおかしかったですね。

 PDFを作る時に初めて気がつきましたが、語選択の問題の作り方はおかしかったですね。

 本番の問題では5つの設問につき、候補が8つあるのに対し、5つしか候補を挙げていないのも、候補の挙げ方が後ろに揃ってではなく、各設問の横に並んでいて誤解をうけそうなのも、承知の上だったのですが、各設問は意味が先で、読みが候補で後出しだったのだ。逆にしていました。

 宿痾を入れ替える時に直します。候補の挙げ方も後ろにまとめて付けるようにします。

070301

平成19年第3回

 今回の試験には、このブログに載せた問題からかなりたくさん出題されました。目標は100題の内1題以上ですが、現在300題掲載の内、問題種類を含めて、全く同じ出題が6題ありました。問題種類は違ったものの、ほぼそのままの問題も他に6題程度ありました。その他にもヒントとなる問題がいくつかあり、ほぼ15点ほどの点数を稼げたのではないかと思います。最初にしては上出来です。

 近いうちに、出題された問題は他の問題と入れ替える予定です。

 しかし、書き問題で当てたのは宿痾ただ一問でした。書きを当てるのはなかなか難しいです。現在書き系統は語選択しか載せていません。眇めるは書き問題の候補だったので、ちょっと残念。