Hatena::Groupmanabite0

学然後知不足 教然後知困

100201

単語帳を作る その1

 勉強を始めた頃(9年前くらい)に、四字熟語の単語帳を作って覚えた記憶があります。その後作成が面倒なので、単語帳というアイテムのことを忘れていましたが、最近になって2つの単語帳アイテムを発見し、漢字検定の勉強用に少し作成してみました。


 『その1』は、A-one(エーワン)の用紙(51163 マルチカード単語帳カードタイプ)を使用した昔からある単語帳をPCから作る方法です。

 最近はラベル用紙も実に様々なタイプが発売されており、本格的な売場に行くとそのあまりに多い種類に圧倒されますし、簡単には探せないような状況になります。

 エーワンから単語帳タイプが出ているのを気がついて他のものも探しましたがいまのところこれだけかもしれません。

 51163 というカード用紙は、A4縦を横3枚縦10枚(A4一枚で30枚)に切り取れるように切れ目があり、綴じる事ができるように穴が開いていて、普通のプリンタで表と裏に印刷したあとで、ペコンと折っては切り取る、というのを繰り返して、3CM×7CMくらいの穴のあいた単語帳カードが30枚できあがるというものです。

 100円ショップで綴じる金具(2~5個で100円)を買ってきて好きな枚数ごとにデッキにします。金具の大きさにもよりますが、100枚だとちょっと多すぎて扱いにくくなります。1デッキあたり80枚くらいが収まりが良いでしょう。

 印刷するには元になる原稿(リスト形式)が必要です。過去に作成していたリストを用いて、A-oneが提供している無料のラベル印刷ソフト(ラベル屋さん9)をインターネットからダウンロードして、単語帳の裏と表をデザインして、実際に単語帳を作成してみました。この下に実際に作成したラベル屋さん9のファイルを添付しました。

 なお、PCの扱いに慣れている方で、アンドロイド携帯を常時使用している方には次に触れる『単語帳を作るその2』で説明する『Anki』を使用する方法をおすすめします。

 現実の単語帳でないとピンとこない方で、カード代1000円くらいなら投資しても良い、携帯は嫌い、という方はお試し下さい。

 カードの購入は、amazonなどで『エーワン 51163』と検索すると簡単に見つかると思います。

(エーワン(A-one) マルチカード 各種プリンタ兼用紙 白無地 A4判 30面 単語カードサイズ 穴あきタイプ 5シート(150枚) 51163)

 店では新宿西口のヨドバシカメラなどかなり大きな店でないと置いてないと思います。

四字熟語K357.lcx filelist

100120

単語帳を作る その2

 『その2』は、『Anki』というソフトを用いてスマホ携帯上に単語帳を作成する方法です。

 『Anki』というのは、①PC上のソフト(Anki)、②Web上の同期データ(AnkiWeb)、③携帯上のアプリ(Ankidroid)の3つのソフト群で構成される単語帳ソフトです

(③携帯上のアプリには、iphone用iosのAnkiMobileとそれ以外のスマホ用のAnkidroidがあり、AnkiMobileのみ有料です。ここでは、私がインストールしたAnkidoroidについて説明しています)

 

 AnkiはDamien Elmesという方(たぶん日本在住の外国人)が作ったソフトですが、ソフトのメニューなどはほぼ日本語ですので、最初の導入さえできれば使うのには苦労しないと思います。

 最も詳しいマニュアルは英語版ですが、日本語の解説サイトもありますので、英語が分からなくても大丈夫です。

1. 本家AnkiのHP

   http://ankisrs.net/

2. 日本語の解説wiki(親切な方達が本家のマニュアルを翻訳してくれています)

   http://wikiwiki.jp/rage2050/

3. 日本語の解説ブログ(親切な方がわかりやすい解説をしてくれています)

   http://rightstuff.luminousspice.com/2013/04/how-to-anki/

 PCに慣れている方なら、以下の私の簡単な導入手順だけで使えるようになると思いますが、迷ったら上記の3や2を参考にすると良いでしょう。


◆◆◆◆◆◆◆ これより具体的な導入手順です ◆◆◆◆◆◆◆


手順1 ①Ankiをダウンロードしてインストールします。

  本家AnkiのHPに行き、ダウンロードしてPCにソフトをインストールします。

  (2016/1/3時点での)最新版はバージョン 2.0.33です。

  HP上方の『Download』をクリックすると、同じ画面の下の方の『Download Anki for

  Windows』に飛びますのでそのボタンをクリックして『anki-2.0.33.exe』をダウン

  ロードし、ダブルクリックしてインストールします。

手順2 このページからお好きな単語帳をダウンロードします。

手順3 Ankiにダウンロードした単語帳を読み込みます。

  手順1でインストールしたAnkiを実行し、単語帳のページの右下にある『ファイルを

  読み込む』ボタンをクリックして、手順2で保存した単語帳(例えば『熟字訓 未出

  20131220.apkg』を選択します。

  ここまでで、PC上では単語帳が使えるようになります。

手順4 AnkiWebにサインアップし、同期がとれるようにします。

  AnkiのHPの上部右にあるAnkiWebというタブをクリックすると、ログイン画面に行け

  ます。

   https://ankiweb.net/

  最初の1回は右上のSign Upボタンから入り、自分のIDとパスワードを登録します。

  IDのところは自分のメールアドレスにします。

  2回目以降は、Loginボタンから入ります。

  良く分からないでしょうが、正常にSign Upできたようでしたらここでの作業は終わ

  りです。

手順5 Ankiを立ち上げて、今作成したAnkiWebに単語帳をアップロードします。

  Anki(手順1でインストールしたPCのソフトに手順2と手順3により単語帳が作成し

  てあると仮定します)を立ち上げて、『y』とキーインするかあるいはツールバーの

  1番右側にある『同期』アイコンをクリックすると、AnkiWebとAnkiが同期されます。

  (最初の1回は、IDとパスワードを入れます。)同期というのは、両方のデータを同

  じにすることで、最終の使用時間が新しい方に合わせて自動的にコピーされます。

手順6 Ankidroid(携帯アプリ)をインストールします。

  Googleplayを『アンキドロイド』で検索してインストールします。

  Nicolas Raoul作で、白い縁でグレーの縦長の角の丸い長方形に青い☆がついているアイコンです。

手順7 携帯でAnkidroidを立ち上げると最初の1回は同期の相手(AnkiWebのIDとパスワ

  ード)を聞かれますので入力します。

  手順3でAnkiに取り込み、手順5でAnkiWebに同期した単語帳が現れれば全て完了です。

  Ankidroidの単語帳を開きスタートで始めます。

 Ankiは機能がたくさんありますので、最初のうちは良くわからないまま最初の設定のまま使えば良いと思います。

熟字訓 未出 20131220.zip filelist

四字熟語K20140214.apk filelist

漢字検定準1級K201403.apk filelist

四字熟語S201403.apk filelist

ここにアップしてあるデッキは、共有デッキとしてAnkiWeb上にもアップしてありますから、ここにあるデッキを使うだけでしたら手順6のみ(iphoneの方は有料のAnkiMobileのダウンロードを

)行ったあと、『共有デッキの取得』から(漢字検定、四字熟語、熟字訓)などで検索してデッキをダウンロードすれば、すぐに使用できるようになります。

※最近AnkiWebに長いことログインしていなかったら、IDを剥奪されたようで、ログインできなくなっていました。新しくSignUpし直したら、以前と同じIDで登録できました。登録していた共用デッキもいなくなっているようです。またぼちぼち登録するつもりです。